コロナ対策について

新型コロナウイルス感染防止対策
新型コロナウイルス感染症拡大防止対策にご協力ください

基本方針

  • プログラムは国等が発する感染症拡大防止にかかるガイドライン等に従って実施します。
  • 受入スタッフは原則としてマスクを着用します。
  • 受入施設は十分な消毒を行います。
  • スタッフは健康管理、確認を実施のうえでプログラムの受入を行います。
  • 屋内でのプログラムは定期的に換気を行います。
  • 定員を調整し、屋外、屋内において適切な社会的距離を保ちます。
  • スタッフ、参加者ともにチェックシートにて体調の確認を行います。
  • チェックシートに記載された個人情報は厳重に扱います。
  • 新型コロナウイルスへの感染が確認された場合は、保健所に情報提供を行います。

参加される方へのお願い

〇開催、中止の判断について

  • 新型コロナウイルス感染症の拡大状況によっては、プログラムの開催を中止する場合があります。
    ※三田市および兵庫県の対応方針に基づき、事務局、プログラム主催者にて判断させていただきます。

〇プログラム当日までのお願い

  • プログラム実施日から2週間前までに、発熱(37.5度以上または平熱比+1度以上)や咳、のどの痛みなどの症状があるなど、体調のすぐれない方は、参加をご遠慮ください。

〇プログラム当日のお願い

  • プログラムの参加当日には、各自で検温を行ってご来場いただきますようお願いいたします。
  • 検温結果が37.5度以上または平熱比+1度以上の場合、味覚や臭覚に異常がみられる場合、その他咳、のどの痛みなどの症状があるなど、体調がすぐれない場合は、その旨をご連絡いただき、参加を見送っていただきますようお願いいたします。
  • 原則、マスクを着用してご参加ください。プログラムの内容により、止む無くマスクを着用できない場合は、案内人またはスタッフの指示に従ってください。
  • プログラムは、細心の注意を払って実施いたしますが、手洗い、うがい、消毒などによる自主防衛に努めていただくようお願いいたします。
  • プログラム実施中に体調が悪くなった場合は、速やかに案内人またはスタッフへお申し出ください。

〇当日以降のお願い

  • プログラム参加後2週間以内に新型コロナウイルス感染症を発症した場合には、保健所からの聞き取り調査の際にイベントに参加していたことを伝えてください。
  • 保健所が実施する濃厚接触者の特定などの調査にご協力ください。